ナイキ フットボールのフラッグシップ的存在といえる「マーキュリアル」。

キリアン・エムバペやルカ・モドリッチ、エデン・アザールといったトッププレイヤーたちが愛用するスパイクのNEWモデルが、7月8日に発表された。

ナイキ マーキュリアル 360

今回は特にアッパーに改良を加え、ニットの構造を荒目にすることで素材の硬さを抑え、前モデルよりも“柔らかさ”を感じられる仕上がりとなっている。

そんな注目の新スパイクについて、「マーキュリアル」シリーズを長く履いている日本代表の酒井宏樹に聞いてみたぞ。

「絶対にこれを履きたい」

――今月、新しい『マーキュリアル 360』が発表されました。ひと足早く履いてみて、どのように感じましたか?

「マーキュリアル」としてすごく一貫したものを感じます。これと「ティエンポ」は本当に、良い意味で変わらないなと。

酒井宏樹

――酒井選手は長く「マーキュリアル」を履いています。自身がスパイクに一番求めるものは何ですか?

デザインです。

――デザイン!? その心は?

マーキュリアルを履いたきっかけは、ブラジルのロナウドでした。彼がずっと好きだったので、スパイクも同じものを履きたいと思っていました。

小学校6年生くらいですね。ちょうど2002年の日韓ワールドカップがあって、そこから「絶対にこれを履きたい!」という思いが強かったです。