ICCで対決したレアル・マドリーとアトレティコ・マドリー。両チームに退場者が出た壮絶な一戦は3-7でアトレティコが歴史的大勝を収めた。

150億円を超える移籍金で加入したポルトガル代表FWジョアン・フェリックスも躍動。19歳の天才アタッカーは66分までプレーすると1ゴール2アシストと大暴れを見せた。

また、5点目のPKを得る場面では、こんなキレッキレのフェイントも決めていたぞ!(動画2分40秒から~)。

レアルDFナチョとの1vs1の場面。ジョアン・フェリックスは深いシュートフェイントで相手をアンクルブレイク!

シュートはGKクルトワの好セーブに阻まれたものの、その後は無理せずにボールをつなぐところもさすが。

『AS』によれば、ディエゴ・シメオネ監督は、ジョアン・フェリックスについて、トップでの起用のほうがよりビジョンが生きると口にしていたようだ。