今夏レアル・ベティスからエイバルに復帰することが決まった乾貴士。かつて所属していたクラブに呼び戻されるという、非常に名誉な出来事になった。

その乾貴士は今回エイバルへの復帰にあたっての記者会見に出席。スペイン語でその喜びを語った。

さすが、ラ・リーガで5年目を迎えるだけあって全てをスペイン語で話した乾貴士。

エイバルの公式サイトによれば、アマイア・ゴルスティサ会長も以下のように話し、家族的なクラブであることを強調した。

「タカはまだまだ私たちに喜びをもたらしてくれるとクラブの全員が確信しており、彼自身もここに戻りたいと言ってくれたので、復帰が実現しました。このクラブ、エイバルは大きなファミリーなんです」

「一年前、彼の退団は悲しいものでした。タカはここを離れ、新しい挑戦をする決断をしました。非常に残念でしたが、彼の決断を尊重しました」

「彼の退団の後で扉を閉じてしまうことも可能でしたが、エイバルには特別な特徴があります。その一つは過去のネガティブな出来事から、ポジティブな部分を見つけることにあります」

すでにオーストリアで行われている合宿に合流してトレーニングを進めている乾貴士。エイバルを離れていたのは僅か1年だけだっただけに、おそらくすぐに馴染むことができるはずだ。