オランダ・エールディビジの開幕戦で先発に抜擢されたAZアルクマールのDF菅原由勢。

右サイドバックでの起用だったが、攻撃的なスタイルのなかで果敢に前へ飛び出し、83分にチーム4点目のゴールを記録した。

前日の中村敬斗(トゥウェンテ)に続く“デビュー戦ゴール”という快挙を達成したわけだが、その際、クラブの公式SNSが投稿したのがこれ!

こちらはクラブがゴール用に用意していたGIF動画だが、そこには個性的な出で立ちで謎の動きをする菅原が…(苦笑)。

菅原といえば、ピッチ上では球際に強く闘争心溢れるプレーが持ち味。一方、先日お届けした記事では非常に冷静な口調でインタビューに受け応えする姿が印象的であった。

ただ、“お調子者”であることも間違いないようだ。加入以来、たびたびこんなポーズを…。

インタビューでは「来て一週間でオランダは“第二の故郷”に認定している。自分の家だと思っている」と語っていた菅原。

なかなか大胆ではあるが、彼のこうした積極的な姿勢こそが19歳という年齢での開幕戦デビュー、そして初ゴールという結果を生み出したのかもしれない。

これまで日本サッカー界では長友佑都が「コミュ力お化け」として知られていたが、くしくも同じサイドバックの菅原がこれからその系譜を継ぐことになるのだろうか。