すでにいくつかの欧州主要リーグが開幕するなか、インターナショナル・チャンピオンズ・カップの最終戦が行われた。

スウェーデンで対戦したのは、アトレティコ・マドリーとユヴェントス。ジョアン・フェリックスとクリスティアーノ・ロナウドのポルトガル対決も注目された。

19歳のフェリックスが1ゴール1アシスト(実際にはほぼ2ゴールだが)を記録する一方、ロナウドはこんなトリッキーなテクニックを見せつけていたぞ!

うまい…ボールを晒しつつ巧みな引き技でコケを翻弄!

もはやドリブルは捨てたというロナウドだが、この程度なら朝飯前だろうか。

なお、試合は2-1でアトレティコが勝利。ユーヴェは日本時間25日のパルマ戦でセリエAを開幕させる。