プレミアリーグ開幕戦、アーセナルは敵地でのニューカッスル戦に0-1で勝利した。

決勝点が生まれたのは後半13分。パスカットしたエインズリー・メイトランド=ナイルズの絶妙なクロスをピエール・オーバメヤングが冷静に決めてみせた(以下動画3分55秒~)。 

『BBC』では「彼が違いを生み出した」とオーバメヤングを賞賛。この試合では驚異的なジャンピングトラップを見せるシーンも!(以下動画2分10秒~)

ヘンリフ・ムヒタリャンの素晴らしいパスに抜け出して見事に裏をとった場面。ジャンプしながら完璧なタッチでボールを収めたのだ。シュートを打つまで一切の無駄がなく本人的にも快心のプレーだったはずだが、GKにセーブされ得点にはならず。

試合後、ウナイ・エメリ監督は「今日は全ての選手がよく働いたと思う。オーバメヤングが得点したけれど、それは全選手がよく働いたからさ」と述べていたそう。

なお、武藤嘉紀はベンチ入りしたものの出場機会はなかった。