バイエルン・ミュンヘンは13日、「インテルからクロアチア代表FWイヴァン・ペリシッチを獲得した」と公式発表した。

契約は今季限りのローン。メディアによれば手数料は500万ユーロ(およそ5.9億円)で、買取オプションは2000万ユーロ(およそ23.6億円)に設定されているとのこと。

バイエルンはマンチェスター・シティのドイツ代表FWルロイ・サネを狙っていたと言われており、ニコ・コヴァチ監督も公言していた。

しかしそのサネはコミュニティ・シールドで大きな怪我を負ってしまったために獲得が不可能となり、ターゲットがペリシッチに移されたとのこと。

バイエルンはおなじクロアチア代表のマリオ・マンジュキッチも獲得しようと考えていると伝えられており、ニコ・コヴァチ監督のコネクションを生かした補強を行っているようだ。