先日、20年ぶりに伝説的シュートを再現してみせた元ブラジル代表DFロベルト・カルロス。

彼はレアル・マドリーでも伝説的ゴールを決めている。1998年2月のテネリフェ戦で決めた「インポッシブルゴール」がこれ!

こんなの2度とできない…。

ゴールラインを割ってしまいそうなボールに何とか追いつくと、ほぼ角度0の位置からとんでもないシュートを叩き込んでしまったのだ。ボールの軌道がありえない…。

まさにサッカー史に残る正真正銘の変態ゴール!しかも、パスを出したのは、天才グティというおまけつき。

ちなみに、本人でさえも「フランス戦のフリーキックのほうが壮観だったけど、より難しかったのはテネリフェ戦のゴール」と語っている。