18日に行われたオランダ・エールディビジの第3節で素晴らしいゴールが決まった。

前半9分、フェイエノールトのパスミスをカットしたユトレヒトFWイサー・アバスは、なんとそのまま自分ひとりでディフェンスを切り裂く!(動画3:25~)

自らペナルティエリア右まで持ち込むと、ゴール左隅へとシュート!ユトレヒトに先制ゴールをもたらした。

アバスの切り替えのスピードと持ち込みも素晴らしいが、これに追いついてきたカルスドルプの戻りもすごい…。

今季マインツからユトレヒトへとやってきたイサー・アバスは20歳のガーナ人FW。173cmという体格であるが爆発的なスピードを備えており、大きな期待を受けているストライカーだ。