この夏にPSGからサンパウロに移籍したブラジル代表ダニエウ・アウヴェス。

新天地で背番号10番を背負う彼はデビュー戦でいきなり決勝ゴールを決めた。さらに、中盤の前目で起用されたことも話題に。

そのセアラ戦ではこんな妙技も披露していたぞ!

ピッチ中央で堂々とプレーするアウヴェス。相手の頭上にボールを浮かせるシャペウを鮮やかに決めて突破!

もともと並のサイドバックの領域を超えた能力を持っていたアウヴェス。36歳になったが、母国復帰でキングのような風格も漂っている。

「ここには有望な若手選手たちがいる」とも語っており、周りの選手たちにどんな影響を与えるのかも楽しみだ。