25日に行われたバルセロナ対ベティスの試合は、5-2という結果で終わった。

とはいえバルセロナは前半15分に失点をしてしまい、序盤はかなり苦しい展開になっていた。

それを救ったのは新加入のアントワーヌ・グリーズマン。41分のスライディングボレーも素晴らしかったが、50分の逆転弾はペナルティエリアの右角からゴール左隅に叩き込むスーパーシュート!(動画2:50~)

もちろん、これは偶然決まったものではなかったよう。バルセロナのツイッターが投稿した練習の動画では、ほとんど同じような位置から同じようなシュートを決めた場面が。

敵選手からのプレッシャーがない状況とはいえ、完璧な「巻いて決める」シュートだ。まさにデジャヴな一撃。彼自身は「メッシのマネをした」と話していたが、練習から試していたようである。

大きな期待を受けて加入し、すぐにバルセロナを救う存在となったグリーズマン。これからの活躍も非常に楽しみである。