現在イングランド・リーグワン(3部)を戦っているボルトン・ワンダラーズは、現在深刻な経営難に直面している。

今季はすでにプロチームをほぼ維持できておらず、試合は数名のシニアとU-21の選手を混ぜて行っているような状況であり、下位に沈んでいる。

クラブは新しいオーナーを探していたものの、土曜日にその買収交渉が破談に終わったことを報告しており、ついに破産の日が近づいてきた。

『Chronicle Live』によれば、ボルトン・ワンダラーズに与えられた締切は火曜日の午後5時であるという。

それまでに経営の状況が改善される保証が確認できるか、あるいは期限延長の正当な理由が発見されないかぎり、水曜日にクラブの精算プロセスがスタートするとのことだ。

ボルトン・ワンダラーズが倒産してプロチームの資格を剥奪された場合、およそ150名の失業者を生み出すことになるそう。

同じリーグワンではベリーFCも経営難に陥っており、すでに今季の試合を全く行うことができない状況にある。イングランドも下部リーグでは多くのクラブが苦しい運営を余儀なくされているようだ。