イングランドではリーグ・ワン(3部)のボルトン・ワンダラーズとベリーFCが経営難によって消滅の危機に直面しており、今週にも精算プロセスが始まる可能性がある。

一方スペインでもリーガ・エスパニョーラを経験した歴史あるクラブが現在深刻な状況にある。

それは現在テルセーラ・ディビシオン(4部)に所属しているシェレス(ヘレス)。2009-10シーズンにはラ・リーガを戦っていたが、最下位で降格したクラブである。

その後シェレスは一時地域リーグまで落ちたものの、リーグの再編もあって4部へと戻ってきていた。

しかし今季シェレスは借金の返済が滞っており、選手への給与も未払いが続いたため、ストライキが発生。開幕戦を延期せざるを得ない状況となった。

そもそも開幕戦の段階であるため選手の登録すら行えておらず、これをまず完了させなければチームの構成すら不可能となる。

もし次節に向けて選手を登録できなかった場合、今週末のレブリジャーナ戦のプレーも延期となり、規定によって大会から追放される。それはもはやクラブの消滅を意味するものとなる。

現在シェレスは公式ツイッターを使ってチームを救うための資金を募集しているが、どれだけの金額が集まったかは定かではない。

『AS』によれば、シェレスが抱えている借金はおよそ10万ユーロ(およそ1200万円)以上だという。