今季バイエルンからレアル・マドリーに復帰し、プレシーズンではやや復調も見せていたハメス・ロドリゲス。

すでに戦力外になっているとも言われていたが、怪我人が続出していることもあり、ジネディーヌ・ジダン監督の目も変わるのではないかという論調もあった。バジャドリー戦でも先発出場を果たしている。

ところが結局途中交代となり、2日後に負傷したことが公式発表された。今回のコロンビア代表メンバーからも外れなければならなくなっている。

なぜハメスはなかなか一貫性を見せられないのか。『Marca』に対して元コロンビア代表ドクターのエクトル・ファビオ・クルス氏はこう話したという。

エクトル・ファビオ・クルス

「彼は集中していない。新しいシーズンに向けて努力する代わりに、眉や髪の毛を整えに行った。準備をすべき時にだ。

レアル・マドリーのようなビッグチームは選手にプロ意識を期待している。しかしあの少年は頭が悪いのだ。

ピッチから数ヶ月離れて、クラブからクラブへと移っていく。適切に準備をすれば苦しむことはない。しかし彼はそうしないので、間違った方向に進む。

クリスティアーノ・ロナウドは一週間の休暇をとり、家族とともにギリシャへ行き、ヨットでリラックスして、その後すぐにシーズンの準備を進めていた。彼は私が知っている中で最もプロフェッショナルな男だよ」

ドクターから見れば、ハメス・ロドリゲスはプロフェッショナルとしての準備に大きな問題を抱えているように見えるようだ。