欧州各地で行われているEURO2020予選。イタリア代表は9日に敵地でフィンランドと対戦する。

フィランドといえば、今乗りに乗ってる男がいる。ノリッジで大爆発中のFWテーム・プッキだ。

29歳になったストライカーは、初のプレミアリーグ参戦ながら4試合で5ゴールと得点量産。8月のリーグ月間MVP候補にも名を連ねた。

この決定力よ…。

『La Gazzetta dello Sport』によれば、イタリア代表MFジョルジーニョも、プッキは監督にとって理想的なストライカーだと賞賛したという。

ジョルジーニョ

「(プッキはストライカーとして)完全だからさ。全てを持っている。

タイミング、そして、自分がどこにいればいいかを常に把握する知性もある。

それに自己犠牲も厭わない。走るし、プレスもするし、決して止まらないし、ボールキープもする。

味方にゴールを届ける方法まで知っている。

彼がプレミアリーグでいいスタートを切ったのは偶然じゃない。

でも、彼だけを注意するのは間違いだ。他の選手たちも強い」

全てを兼備するプッキは危険な存在だとしつつ、警戒するのは彼だけじゃないとも述べていたようだ。

そのプッキはギリシャ戦で決勝点となるPKを決めてチームを1-0の勝利に導いている。