ついに開幕したUEFAチャンピオンズリーグ。昨季の王者リヴァプールがグループステージ初戦でいきなり敗れる波乱があった。

リヴァプールは敵地でのナポリ戦に2-0で敗戦。後半37分にPKで失点すると、アディショナルタイムにとどめをさされた。

2失点目はDFフィルヒル・ファンダイクのミスによるもの。現地でも「らしからぬミス」と伝えられた衝撃シーンがこれ。

一度はボールを奪ったファンダイクだが、中途半端なバックパスをフェルナンド・ジョレンテに叩き込まれてしまった。

本人は試合後のフラッシュインタビューでこう述べていた。

フィルヒル・ファンダイク(リヴァプールDF)

「1-0とリードされて、ややリスクを冒した。

得点のチャンスもあったと思うけれど仕方ない。相手を讃えるよ、彼らはこの試合に勝った。

僕らはまた始めるよ」

プレミアリーグでは開幕5連勝だったリヴァプールだが、これで今季初黒星。週末にはチェルシーとのビッグゲームが控えている。