第5節までを消化したプレミアリーグ。近年補強に力を入れているエヴァートンは2勝1分2敗の11位となっている。

直近のボーンマス戦では3失点。『sportbible』などによれば、MFファビアン・デルフは失点後にピッチ上で「全員クソだ」と叫んでいたという。

テレビ画面上でも口の動きが読み取れるほどの絶叫だったことからSNS上でも話題になっているようだ。

そのデルフは自らも失点に絡んでいる。2失点目となったそのシーンがこれ(以下動画7分42秒~)。

ライアン・フレイザーが低くて速いフリーキックをエリア内に蹴り込んだ場面。ニアにいたデルフは速いボールをクリアできずに頭を抱えていた。ただ、公式記録はオウンゴールではなくフレイザーの得点。

デルフが叫んだのは1失点目の後か3失点目の後とされているが、自らも失点に絡んでいたために「全員クソ」発言は話題になっている。

エヴァートンは開幕2試合は無失点だったが、ここ3試合では7失点。マルコ・シウヴァ監督も「失望する結果だ。あまりにも簡単に3点を許した。相手はミスとセットプレーを得点し、それが致命的だった」として、開幕13試合でクリーンシート10回だった昨季の姿に戻らなければいけないと述べていた。