18日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節で、レアル・マドリーはPSGを相手に0-3と大敗してしまった。

アウェイに乗り込んでの試合で、OBでもあるアンヘル・ディ・マリアに2ゴールを許すという内容。枠内シュート0本という「完敗」だった。

当然のことながらレアル・マドリーには批判が集中。OBのグティからもチームに厳しい言葉が飛んでいたそう。

そしてその空気の中、今季PSGからレアル・マドリーにやってきたGKアルフォンス・アレオラが投稿した写真がこれだった。

エムバペ、そしてシュポ=モティングとともに笑顔で写る写真!いい雰囲気だが、当然タイミングが悪すぎた…。

結局アレオラはこの写真を削除しなければならなくなり、レアル・マドリーのサポーターに謝罪している。