日本人選手たちも戦ったUEFAヨーロッパリーグ。欧州各地で熱戦が展開されたが、オランダでは大臣たちが謝罪する事態になった。

『De Telegraaf』によれば、重要な議会の場において、法務省のフェルディナント・フラッペルハウス大臣とインフラ水管理省のコラ・ファン・ニューウェンハイゼン大臣がサッカー観戦していたそう。

こりゃOUTだ…。

2人はマルク・ルッテ首相の演説中にレンジャーズ対フェイエノールト戦を手元のiPadで見ていたようだ。

その後、フラッペルハウス大臣は首相に謝罪。そのうえで「他の大臣を責めるべきではない。彼女は私に焚きつけられた」とも述べていたとか。

また、ファン・ニューウェンハイゼン大臣もそうすべきではなかったとコメント。彼女は大のフェイエファンで、息子のひとりは試合を現地観戦していたそう。

この日はPSV対スポルティング、AZ対パルチザン戦も行われたが、フラッペルハウス氏はアヤックスファンのはずという声も…。