今夏、PSGを退団してサンパウロへ移籍したブラジル代表ダニ・アウヴェス。

ブラジルでは背番号だけでなく、10番の位置で起用されたことも話題になった。

MFやアタッカーとしても順応できるサッカーIQはズバ抜けており、あのトーマス・トゥヘル監督も舌を巻くほど。

そのアウヴェスが『Guardian』のインタビューで様々な話題を語った。こんなサイドバック論も明かしていたぞ。

ダニ・アウヴェス

「監督は常に変わる。いつだって自分の監督に適応しようとするものさ。

中盤にいる時は、自分はチームメイトのためによくしている。

正直に言えば、自分はサイドバックとしての新しいプレー方法を作り出した。

偽りの謙虚さはない。俺は常にチームメイトに適応してきた。

彼らがワイドだったら、俺は中に行く。

彼らが攻撃しているなら、俺はコントロールの手助けをする。

ボールが逆サイドにあるなら、俺は引っ込む。

最終ラインのクリエイティブなMFとして俺はプレーしているのさ」

「バルセロナがこの知力を授けてくれた。

チャビやラキティッチとプレーしている時、常にゲームをコントロールする選手がいた。

俺がワイドにいる時、彼らは俺の後ろにいたよ。彼らのプレーを見て、こう思ったね。

『ワイドに留まるウィンガーがいる時にはコントロールエリアにいる必要がある』と。

サンパウロでの挑戦はチームメイトを理解し、出来る限り彼らと結合しようとすることさ」

バルサのMFたちのプレーを直に体感して、ピッチ上での立ち振る舞い方を会得していたそう。