日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユ。今季、アンドレ・ヴィラス=ボアス監督を新たに招聘した。

開幕戦には敗れたものの、その後は3連勝も記録。だが、ここにきて3試合連続ドローと苦しんでいる。

レンヌ戦での酒井のシュートも枠外…。

そうした中、ヴィラス=ボアス監督がマルセイユファンに苦言を呈したようだ。

『Record』によれば、レンヌ戦ではDFジョルダン・アマヴィがブーイングの標的になっていたという。

アンドレ・ヴィラス=ボアス(マルセイユ監督)

「チームはいいプレーをした。

だが、アマヴィへのブーイングは嫌だったね。理解できない。

選手にブーイングをする時、それは自分たちのチームを殺すことになる。

彼らは別の選手もブーイングするようになるだろうからね。

容認できない。

ブーイングは集団でできるが、個人ではできない。

4人が負傷しているなかで素晴らしい労働力があるのに、何なんだ?

選手を殺すものだ」

左サイドバックのアマヴィは先発したものの、後半頭から交代。それでも、指揮官はブーイングは選手を殺すものだと非難していたようだ。