欧州各地で行われたEURO2020予選。スペイン代表は劇的な形で本選出場を決めた。

敵地でのスウェーデン戦、後半アディショナルタイムにロドリゴが劇的な同点ゴール。これで1-1に持ち込み、予選突破を決めたのだ。

だが、守護神ダビド・デヘアにアクシデントが発生。後半途中で負傷交代になってしまったシーンがこれ。

ボールを大きく蹴り出してクリアした場面、デヘアは右足を痛めて座り込んでしまったのだ。結局、プレー続行不可能となり、ケパと交代することになった。

試合後、ロベルト・モレノ監督は「外転筋を痛めた。ハーフタイムに治療を受けていたが、プレーを続けたがった」と述べていたそう。

デヘアが所属するマンチェスター・ユナイテッドは21日にリヴァプールとの大一番が控えている。彼が欠場するようなことになれば一大事になるが…。