エールディビジ第11節、PSV対AZ戦に堂安律と菅原由勢が先発出場した。

日本人対決となった一戦では衝撃的なシーンも。ボールを競り合って相手選手と接触した際、前歯が飛び散るというアクシデントが起きたのだ。

そのシーンがこれ。

コスタス・ミトログルの肘を顔面に食らってしまったAZのDFパンテリス・ハツィディアコス。

この接触で前歯を失ってしまったのだが、なんと笑顔を浮かべていた。さらに、歯を失ったままプレーを続け、フル出場している(ミトログルにもカードなし)。

AZのFWマイロン・ボアドゥは「明日歯を直しに行くと思うよ」と話していたそう。

なお、試合は前半に退場者を出したPSVが0-4で大敗。勝点で並んだAZは得失点差で上回り2位に浮上している。