先日行われたプレミアリーグのレスター・シティ戦で0-9という屈辱の敗北を喫したサウサンプトン。

これはホームでの敗北としてはプレミアリーグの歴史上最大のものであり、良くない意味での記録を作った格好となる。

『Mirror』によればこれを受けてサウサンプトンは声明を発表し、このレスター戦が行なわれた日の給与を慈善団体「Saints Foundation」に寄付することを決めたとのこと。

サウサンプトンはこの敗北によって降格圏となる18位に転落し、得失点差も-16という数字となってしまった。

この後サウサンプトンは火曜日にカラバオ・カップで、そして土曜日にプレミアリーグでマンチェスター・シティと続けて対戦する厳しい日程となる。もしそこで大敗するようなことがあれば…。