プレミアリーグ第10節、サウサンプトン対レスター戦はショッキングな結果となった。

レスターはジェイミー・ヴァーディとアジョゼ・ペレスが2人揃ってハットトリックを達成。一方、DFライアン・バートランドを開始12分で失ったセインツは0-9の歴史的大惨敗を喫してしまった。

吉田麻也がヴァーディに完璧にやられるショッキングなシーンも。それがこれ(以下動画4分52秒~)。

ジェームズ・ウォード=プラウズに当たったボールがヴァーディのもとへ渡ると、吉田はボールを刈ろうとすばやく寄せる。

だが、ヴァーディは足首を柔らかく使ったフェイク一発でかわしてゴールを奪ってみせたのだ。

10分 ベン・チルウェル:1-0(動画3秒~)

17分 ユーリ・ティーレマンス:2-0(1分8秒~)

19分 アジョゼ・ペレス:3-0(2分11秒~)

39分 アジョゼ・ペレス:4-0(3分28秒~)

45分 ジェイミー・ヴァーディ:5-0(4分52秒~)

57分 アジョゼ・ペレス:6-0(6分10秒~)

58分 ジェイミー・ヴァーディ:7-0(7分7秒~)

85分 ジェームズ・マディソン:8-0(8分4秒~)

94分 ジェイミー・ヴァーディ:9-0(9分~)

数的不利のなかで厳しい戦いを強いられたセインツ。ホームで歴史的大惨敗を喫したラルフ・ハーゼンフットル監督は試合後に謝罪している。

BBCによれば、ネイサン・レドモンドも「恥ずべきパフォーマンスであり、悪夢のようだった」と吐露。一方、ヴァーディはチーム全員で得点記録を狙っていたと明かしていたとか。