アーセナルのキャプテンに指名されたグラニット・ジャカだが、サポーターとの関係がこじれている。

クリスタル・パレス戦でベンチに下がる際にブーイングを浴びると、それに反発して煽る様な仕草を見せたのだ。そのシーンがこれ。

この行動については、ウナイ・エメリ監督も間違っていたとコメント。『Independent』によれば、指揮官はサポーターに謝るべきだとも述べたという。

ウナイ・エメリ(アーセナル監督)

「(ジャカはキャプテンに留まるのか?)

現時点でそのことについて話したくない。まずは彼が回復することだ」

「今の彼は動揺し、打ちひしがれ、悲しんでいる。

昨日や今日だけではない。彼はサポーターから嫌われていると感じている。

通常通りグループ練習に参加したが、打ちひしがれ、この状況を悲しんでいる。

彼のコミットメントはいつだって素晴らしい。彼は(チームを)助けたいのだ。

練習やグループ内、クラブ内での振る舞いは完璧だった。

彼は自分が間違ったことを分かっている。深々とそう感じている。だが、あれは人間としては普通だ。

どんな選手でもサポーターのサポートが必要だよ」

「個人的な過ちを犯した場合、その状況について謝る必要があると思う。

私はそうすることを好む。我々は彼にそうするように勧める」

ただ、『The Times』では、ジャカはエメリからの謝罪要請を拒否したと伝えている。また、ジャカはSNSのプロフィール画像をアーセナルからスイス代表のものに変更したとか。