ドイツで最も期待される若手選手のひとり、カイ・ハヴァーツ。

レヴァークーゼンに所属する20歳のレフティは、『Transfermarkt』での市場価値が9000万ユーロ(108億円)に設定されている。

年齢離れした落ち着きをもっており、得点力まで兼ね備えている天才だ。この動画を見れば、フィニッシュも卓越していることがよく分かる。

微塵も焦りがなく、本当に20歳なのか疑ってしまうほど…。

そのハヴァーツが『Marca』のインタビューで様々な話題を語った。そのなかではこんな話も。

カイ・ハヴァーツ

「(ジダンやカカ、エジルらと比較されているけれど、自分ではどう思っている?

カカやジダン、ロナウジーニョといった多くの選手たちからインスパイアを受けたよ。彼らはずっとアイドルだった。

スペイン人選手のなかでお気に入りなのは、アンドレス・イニエスタさ。

彼のボール扱いは突出している。唯一無二さ。彼が一番好きだね」

「(サッカーは見る?

見ない。

いや、UEFAチャンピオンズリーグの準決勝や決勝とか、大事な試合だけは好きだね。

でも、それ以外はサッカーのことは何も知らないんだ(笑)」

イニエスタ好きだというハヴァーツは、自分はバルセロナに合う?という質問にもイエスと答えたそう。

ただ、ドイツ代表でともにプレーするレアル・マドリーMFトニ・クロースの技術には舌を巻いているとか。そして、クロースからは「マドリッドの天気はいつもいいよ」と誘われている?とも明かしていた。

なお、彼の名前は、ハフェルツではなくハヴァーツ。本人もそう発音している。