5日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第4節、チェルシー対アヤックスの試合は4-4という異例のスコアで終了した。

アヤックス側は68分、69分とブリント、フェルトマンが立て続けに退場することになり9人での戦いを余儀なくされたが、チェルシーに勝ち越し点を許さなかった。

そのアヤックスが前半35分に決めた3点目は、FWハキム・ジヤシュの見事なフリーキックからだった。

右サイドからジヤシュが蹴ったボールは、見事なカーブを描いてゴールの中へ!

しかしわずかに曲がりが足らずポストに直撃。弾かれたところがGKケパ・アリサバラガの顔面に偶然当たり、なんとも珍しいオウンゴールになったのだ。

その時のケパの表情もなかなかの話題となっているよう。

【関連記事】今世界で最も優れたGKとは誰だ?10名を「格付け」

裏の試合でバレンシアがリールに勝利したことで、グループHはチェルシー、アヤックス、バレンシアの3チームが勝点7で並ぶという大混戦に。残りの2試合は非常に重要なものとなる。