UEFAチャンピオンズリーグで死のグループに入ってしまったスラヴィア・プラハ。

だが、1-1の引き分けとなったインテルとの初戦では後半アディショナルタイムまでリードするなど確かな実力を見せた。

また、チェコの国内リーグではいまだ無敗で首位を走っている。先日行われたスパルタ・プラハとのダービーにも0-3で勝利。その試合で話題になった「おしりオウンゴール」がこれだ!

スラヴィア選手の放ったシュートがスパルタMFミハル・サーチェクのお尻を直撃してゴール。なんという不運…。

23歳のサーチェクは「ボールがどこにあるのか分からなかった。ボールを蹴った後にピッチに倒れていたらお尻に当たった。それしか言えないよ」とこぼしていた。