先日チャンピオンズリーグでアタランタと対戦し、アウェイでなんとか勝点1を獲得することに成功したマンチェスター・シティ。

終盤にはGKクラウディオ・ブラボが退場になり、DFカイル・ウォーカーが急遽ゴールマウスを守ることに…。幸いにしてさらなる失点は逃れたが、首の皮一枚での引き分けだった。

『Daily Mail』によれば、ジョゼップ・グアルディオラ監督はアタランタについて以下のように話したという。

ジョゼップ・グアルディオラ

「アタランタとの試合を戦うのは、まるで歯医者に行くようなものさ。

それは本当に、本当に厳しいものだ。そうなるだろうとわかっていたよ。あらゆる点で素晴らしいパフォーマンスだった。

どのチームもとても強かった。シャフタールは毎年このコンペティションを戦っており多くの経験がある。

ディナモ・ザグレブは…ビックリさせられたが、とても鼻っ柱の強いチームだった。CLは本当にタフなコンペティションだよ」

歯医者に行くことと同じように、厳しいものが待っているのはもともとわかっていた、と…グアルディオラ監督は歯医者が嫌いなのだろうか?