佳境を迎えている2019年シーズンのJリーグ。今季限りで引退するダビド・ビジャのプレーを見ることができるのもあとわずかだ。

そのビジャが所属するヴィッセル神戸は第32節セレッソ大阪戦に1-0で勝利。スペイン紙『AS』が取り上げたビジャとアンドレス・イニエスタの絶妙コンビ―ションがこれ。

セルジ・サンペルを含めた元バルサ3人衆の巧みなパス交換でゴールを襲う!ただ、イニエスタのシュートは外れて得点にはならず。

日本代表FW古橋亨梧のゴールで勝利した神戸は残留が確定。イニエスタは「本当はもっと高い目標を掲げていたが、うまくいかずにシーズン終了になってしまった」としつつ、「今季の中でもベストの試合をチームとしてもできたんじゃないかと思う」と手応えも口にしていた。