昨季の大躍進から一転して苦しいシーズンを送っているトッテナム。

キーラン・トリッピアーがいなくなった右サイドバックは補強ポイントのひとつとされている。

ここでは、『itsroundanditswhite』による「スパーズが1月に獲得すべき右SBたち」を見てみよう。

ウィリアン(ヴォルフスブルク)

ウィリアン

チェルシーの彼ではないが、このウィリアンもパンチ力を備えたダイナミックなブラジル人だ。

積極的な守備を武器にするウィリアンは、スパーズの最終ラインに欠けている勤勉なタイプでもある。最高の攻撃力を持っているわけではないが、その守備的資質はほぼ間違いなくプレミアリーグにフィットするはず。

今季のブンデスリーガでは素晴らしいデュエル勝利数を記録しており、タックルのタイミングは完璧だ。相手ウィンガーを止めるだけでなく、そのサイドを完璧に封じ込めることができる。それは今のスパーズができていないことだ。

適切な額のオファーを送れば、ウィリアンを振り向かせることができるはず。