浦和レッズ、鹿島アントラーズ、サンフレッチェ広島と各チームのキットサプライヤーを務めるNikeは23日、2020年シーズンの明治安田生命J1リーグで使用するアウェイユニフォームを発表した。

新ユニフォームのデザインだが、驚くべきことに今回は3クラブが史上初となる「統一テーマ」を持ったデザインを採用となった。

浦和 鹿島 広島 2020 Nike アウェイ ユニフォーム

この統一テーマには、2020年のスポーツの祭典に向けてスポーツの魅力や楽しさ、感動、そして、幸せや平和の実現をフットボールを通じて目指すという、Nikeと各クラブの理念を反映させている。

デザインは日本の国旗からインスピレーションを得たレッドとホワイトで、日本から世界に羽ばたく3チームを表現。浦和レッズはクラブカラーのスポーツレッド、鹿島アントラーズはクラブカラーのディープレッド、サンフレッチェ広島はホームタウンが同じプロ野球チームである広島東洋カープの赤からインスパイアされたサルサレッドを採用している。