トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンはチェルシーとのダービーで一発退場処分を食らった。問題とされたシーンがこれだ。

アントニオ・リュディガーを足で蹴り上げている…。

スパーズのジョゼ・モウリーニョ監督はレッドカードはおかしいとしつつ、「主審はリュディガーにイエローカードを出さなければいけないし、ソンのリアクションは攻撃的なものではない。リュディガーは肋骨を折って病院に行ったか?私が愛するプレミアリーグにはリュディガーがやったことを受け入れる余地はない。立ち上がり、男らしく振る舞う。それがプレミアリーグだ」などと述べていた。

『BBC』によれば、チェルシーのフランク・ランパード監督はリュディガーに疑問を呈したモウリーニョに反発したようだ。

フランク・ランパード(チェルシー監督)

「私はToni(リュディガー)を断固として擁護する。

Toniが試合後に大事なこと(人種差別)についてポストしなければならなかった時に、彼の誠実さを疑ったことには間違いなく失望した。

解説や試合後の分析で私が聞いたのは、ソンの件はレッドカードだったということだ。

あれは残忍なものではなかったが、今日ではレッドカードに値する衝動的なものだった。

そうだったのは相当に明らかだった。Toniの誠実さに疑問はないだろう」

チェルシー時代は師弟関係にあったランパードとモウリーニョ。試合前にはにこやかに握手も交わしていたが、この件についての意見は対立しているようだ。