京都サンガF.C.とキットサプライヤーのPumaは7日、2020年シーズンの明治安田生命J2リーグで使用する新ユニフォームを発表した。

年間を通して好調を維持し、J1昇格への期待を感じさせた2019年シーズンだったが、最終的には8位でリーグを終了。惜しくもプレーオフ進出を逃した。シーズン終了後に中田一三監督が退任。2020年シーズンは新監督のもとで、このユニフォームとともに新たな出発を図る。

Kyoto Sanga F.C. 2020 Puma

PUMAのオーダーシステムから2020年に発売される”DISRUPTIVE STRIPE”モデルをベースに採用。従来のストライプの概念を再構築し、ストライプをジグザグで表現することによって、ピッチ上での俊敏な動きを表現している。これまでとは印象が異なるデザインが登場した。

2020年シーズンの各部スポンサーだが、胸は「京セラ」、右鎖骨は「ワコール」、左鎖骨は「堀場製作所」、背中上は「任天堂」、背中下は「au(KDDI)」、左袖は「京都銀行」、パンツは「大和証券」となる。

フィールドプレーヤーのホームは伝統のパープル。そしてアウェイはホワイトを基調にイエローのストライプが新鮮な印象を与える。GKキットはグリーンとオレンジの2色を投入となった。

新ユニフォームは1月17日(金)より、クラブ公式オンラインショップにて予約販売を開始する。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら