ガンバ大阪とキットサプライヤーのUmbro(デサント)は8日、2020年シーズンの明治安田生命J1リーグで使用する新ユニフォームを発表した。

宮本恒靖監督体制の2シーズン目は開幕ダッシュに失敗し苦しい序盤戦となった。だが、シーズン途中で宇佐美貴史、井手口陽介をはじめ新戦力を次々に獲得。ルヴァン杯は準決勝に進出するなどパフォーマンスも向上し、最終的にはJ1リーグを7位で終了した。

Gamba Osaka 2020 Umbro Home

ガンバ大阪 2020 Umbro ユニフォーム

2020年シーズンに向けた新ユニフォームのデザインテーマは、『Tradition G ~伝統あるチームとして再び~』。2020年という節目の年に日本そして大阪の伝統、文化を感じさせるデザインコンセプトを採用となった。

ガンバ大阪 2020 Umbro ユニフォーム

伝統のブルーとブラックのベースカラーに、デザインテーマである「Tradition(トラディション)」を落とし込む。日本の伝統と文化を感じさせる、不規則な縦縞模様に触発されたストライプデザインでテーマを表現した。

この不規則かつ斬新に表現したストライプには、伝統を重んじながら型にとらわれることなく、アグレッシブなガンバ大阪へという強い決意と願いを込めている。

ガンバ大阪 2020 Umbro ユニフォーム

コンプリートルックはこのような感じに。パンツとソックスは継続してブラックを採用。NEWモデルのソックスには2本のストライプ(フープス)をあしらう。