ガンバ大阪とキットサプライヤーのUmbroは1日、恒例となっている夏の『GAMBA EXPO』にて着用する特別なデザインのユニフォームを発表した。

過去2年は「太陽の塔」を描いたユニフォームを着用していたが、今年はタレント/アーティストの木梨憲武氏がデザインを担当。これまでとは打って変わり、現代ポップアート的なグラフィックのユニフォームが登場した。

2019シーズンのJリーグ新ユニフォーム情報はこちら!

Gamba Osaka 2019 Umbro Summer Edition FP

ガンバ大阪 2019 GAMBA EXPO ユニフォーム

今年のユニフォームのデザインコンセプトは、「人と人の結びつき」を表現する“REACH OUT”がテーマ。表面にはピッチ上のコートに11人の選手の手を、背面には選手を支えるサポーターの手を描いている。

ガンバ大阪 2019 GAMBA EXPO ユニフォーム

人の手を描く“REACH OUT”は木梨氏の以前からのアート・シリーズで、これまでに多くの作品を送りだしている。

ガンバ大阪 2019 GAMBA EXPO ユニフォーム

『GAMBA EXPO 2019』は、8月18日(日)の明治安田生命J1リーグ第23節(ジュビロ磐田戦)で開催。来場者全員にオリジナルユニフォームが配布される。