ラ・リーガ第20節、エイバルは強豪アトレティコ・マドリーを2-0で撃破する金星をあげた。

乾貴士もフル出場して奮闘。前半には完全フリーなチャンスシーンが到来するも、ゴールならず。本人が思わず頭を抱えたシーンがこれ(以下動画2分6秒~)。

右からのクロスに完全フリーで合わせるも、DFに当ててしまった…。チャンスだっただけに本人も悔しさを露わに。

試合後、格下相手に敗れたディエゴ・シメオネ監督は「相手は強く、そして、熱意を持って試合をスタートさせた。3度(のシュートで)我々を脅かし、3度目がゴールになった。それ以降は試合をコントロールできなかった」とこぼしていた。