昨年、サッカー界で起きた前代未聞の事故。ナントからカーディフへの移籍が決まったばかりだったアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラが航空機事故で命を落としたのだ。

ナントを率いていたヴァヒド・ハリルホジッチ監督はサラの逝去に思わず涙を流していた。

あのハリルの涙…見ているだけでこちらも泣けてくる。

あれから1年が経ったが、遺族の痛みは癒えていないようだ。『BBC』によれば、長男を失った母メルセデスさんは「痛みはもとのままで消えることはない」と語ったそう。

そのインタビューではサラが飼っていた愛犬についての話も。サラがフランスで子犬の時に助けたというナラ(現在5才)。帰らぬ主人を待つ後ろ姿は大きな話題にもなった。

この投稿をInstagramで見る
Que Fe te tengo 2016#saludosconlanegra
Emiliano Sala(@emilianosala9)がシェアした投稿 -
この投稿をInstagramで見る
Mi fiel compañera 🐶👏
Emiliano Sala(@emilianosala9)がシェアした投稿 -

メルセデスさんは彼女を引き取り、アルゼンチンで他の2頭と一緒に育てているそう。

メルセデス(エミリアーノ・サラの母)

「彼女(ナラ)はフランスにいた時からずっと私たちのことを知っています。

でも、ここに来た時に彼女はエミの物を全部見つけたんです。息子の匂いも分かったと確信しています」

「彼女を通夜に連れて行くことに決めました。だから、息子と一緒にいることができたんです」

フランスからアルゼンチンの実家にやってきた時、ナラは匂いから主人の持ち物を見つけていたんだとか。そんな彼女をサラの通夜にも同席させたそう。