1月25日から中国では旧暦の正月に当たる『春節』がスタート。欧州の各クラブもそれを祝う企画を公開している。

リヴァプールが投稿したのは、モハメド・サラーとデヤン・ロヴレンの卓球勝負だ。

おもしろいのは20秒あたりからの場面。ロブレンのバックハンドは、ネットを止めている支柱に当たって…。

サラーはそれをキャッチするが、ロヴレンはインプレーを主張!

なお、卓球では支柱に触れてコートに戻ってきた場合でもネットインとなり、得点は認められる。なのでロヴレンの抗議のほうが正しい。

ちなみにこのツイートから飛べるページにはYoutubeが埋め込まれており、フルバージョンも見られるぞ。どちらが勝ったのかはそちらでチェックだ。