スペイン2部デポルティーボ・ラ・コルーニャで定位置を掴みつつある柴崎岳。

だが、第25節アルバセテ戦ではハンドによるPKをとられる場面があった。そのシーンがこれ(以下動画3分~)。

ブロックしようとして足と手が出てしまったような形…。その柴崎に詰め寄るような仕草を見せた相手選手も気になるところ(動画3分5秒~)。

ただ、直後のPKをGKダニ・ヒメネスが阻止!素晴らしい反応の渾身セーブでチームの窮地を救ってみせた。

0-1で逃げ切ったデポルはリーグ5連勝。決勝ゴールのサビン・メリノは「この勝利はダニ・ヒメネスのおかげ」と述べていたとか。

なお、柴崎はこれでリーグ戦3試合連続でフル出場。『AS』では、柴崎はフェルナンド・バスケス新監督のもとで180度立場が変わったと伝えている。