ズラタン・イブラヒモヴィッチが再加入したACミラン。トリノとのコッパ・イタリア準々決勝はあまりに劇的な展開となった。

敗戦濃厚だった後半アディショナルタイムに同点に追いつくと、延長戦に2ゴールを奪取。4-2で劇的な逆転勝利を収めたのだ。

4点目のゴールは決めたのは、イブラヒモヴィッチ。その得点をアシストしたラファエウ・レアオンは、Instagramのストーリーでこんなコメントをしていたとか。

ラファエウ・レアオン(ミランFW)

「僕はプレイステーション上で彼(イブラ)を使っていたんだ。

今日、そんな僕が彼にアシストをした。夢を諦めちゃいけないよ」

今季リールからミランに移籍したレアオンは20歳の超大器。大柄ながら高い技術と決定力を備えたアタッカーだ。

フィオレンティーナ戦で決めたこのセリエA初ゴールを見れば、そのポテンシャルがよく分かる!

これは衝撃的…。

レアオンはテレビゲームでよくイブラを使っていたそうで、そんな彼のゴールをアシストしたことに興奮していたようだ。