近年のプレミアリーグで熾烈な優勝争いを展開してきたマンチェスター・シティとリヴァプール。

リーグ3連覇が絶望的となったシティは、UEFAからチャンピオンズリーグからの除外処分を科された。

一方のリヴァプールはノリッジ戦にも1-0で勝利し、無敗街道をキープ。試合後、ユルゲン・クロップ監督にはシティについての質問が飛んだ。指揮官は『Sky Sports』に対してこう述べた。

ユルゲン・クロップ(リヴァプール監督)

「ショックだった。完全に『Wow』だったよ。

自分に言える唯一のことは、フットボールについてだ。

彼らがピッチ上で成し遂げたことは並外れたものだ。それ以外については知らない。

ともに働く人間のことを信じる、そういうものさ。

ペップと選手たちを本当に気の毒に思う」

ショックを受けたとしつつ、シティのプレーについては称賛していたクロップ。その時の実際の表情がこちら。

さすがに慎重な口ぶり…。

また、クロップは「(シティの)関係者にとっては本当に厳しいと思う。彼らはそれに対処しなくてはならない。(シティがやったことが)何なのかは分からない。シティは控訴するに違いない。さらなる情報が出てくると思う」とも述べたそう。