プレミアリーグで首位を独走するリヴァプール。ウィンターブレイク明け初戦のノリッジ戦に1-0で勝利した。

最下位ながら見事な戦いを見せる相手に苦しむなか、決勝ゴールを決めたのはサディオ・マネ。

この日が怪我からの復帰戦だったストライカーは後半15分に投入されると、こんな衝撃的ゴールをぶち込んだ(以下動画1分3秒~)。

驚異的トラップから鬼のようなシュート!

ボールをコントロールするだけでも至難だが、そこからシュートを無慈悲なコースに打ち込む体のキレは驚異的。『BBC』によれば、両チームの関係者はこう述べていたそう。

ティム・クルル(ノリッジGK)

「彼らは世界最高のチームさ、交代で入ったサディオ・マネを見ればいい。トップ、トップクラスだ」

ダニエル・ファルケ(ノリッジ監督)

「マネの魔術だった」

ユルゲン・クロップ(リヴァプール監督)

「サディオはフレッシュでチームが勝つことを助けてくれた。突出していたよ。

あのゴールを見直さなきゃいけないけれど、ファンタスティックなフィニッシュだったのは間違いない」

敵味方から絶賛されたマネ本人は「治療に行ってハードワークをして戻ってきた。同時にチームと選手たちが素晴らしい仕事をしているのを見ていたよ」とコメントしている。