ネイマールやキリアン・エムバペらスターが揃うPSG。マンチェスター・ユナイテッドをわずか1年で退団してパリにやってきたアンヘル・ディ・マリアは、32歳にして再ブレイクといえる活躍を見せている。

そのディ・マリアについての同僚の発言が話題になっている。発言したのは、今季チェルシーからPSGに移籍してきたポーランド人GKマルチン・ブルカだ。

『A Bola』によれば、20歳の若きGKはYoutube上でこうぶっちゃけたそう。

マルチン・ブルカ(PSG GK)

「ディ・マリアはマンチェスター・ユナイテッドを嫌っている。

彼にはあそこでのいい記憶がない。

実際、テレビにユナイテッドに関係する何かが映ると、すぐに(チャンネルを)変えるんだ」

ユナイテッドに関するものは見たくもないというディ・マリア。プレミアリーグではこんなスーパーゴールを決めていたのだが…。

実況も「センセーショナル!アブソルートリーワンダフル」と大興奮!

軽いノリでぶっちゃけたブルカは、チェルシー時代のサッリ監督についても際どい発言をしたとか。