かつてプレミアリーグでも戦っていた名門チャールトン・アスレティック。その女子チームが訃報を伝えた。

20歳のルーシー・カー元選手が死去したと発表したのだ。

2013年にチャールトン女子に加入すると、U-14チームでは年間MVPにも選ばれたことがあったそう。

癌によって亡くなった彼女について、U-16女子のミシュラ監督は「これは悲劇だ。私がU-16監督になった時、彼女もいた。常に笑顔で、そのパーソナリティと態度は(チームメイトたちが)つられてしまうものだった。彼女は永遠に我がチャールトンファミリーであり続ける」と述べている。

友人たちは2か月ほど前から彼女の治療を支援するための資金をクラウドファンディングで募っていたようだ。