かつてマンチェスター・ユナイテッドなどで活躍した元ブルガリア代表FWベルバトフ。

こんなファンタジー溢れるプレーを平然とやる天才的選手だった(以下動画2分12秒~)。

そのベルバトフもプレーしたギリシャのPAOKサポーターたちが極悪非道な事件を起こしたと、『The New York Times』が伝えている。

PAOKの本拠地があるテッサロニキで28歳のブルガリア人男性が死亡(ギリシャとブルガリアは隣国)。この男性は2人の友人とともに、武装した15~20人ほどのPAOKファンに襲撃されたという。

駐車場で暴行を受けた男性は、道路上で車で轢かれて死亡したとされている。他の2人も怪我を負ったものの、命に別状はないとのこと。

警察当局は事件に関わった疑いのある14人を拘束。男性が車で轢き殺されたのか、すでにその時点で死亡していたのかは、検死の結果を待っているところだそう。

3人はブルガリアのボテフ・プロヴディフのサポーターで、PAOKの宿敵であるアリスともつながりがあったという。5日にそのアリスとPAOKの試合がテッサロニキで行われており、PAOKは0-2で敗れていた。