繊維業界を揺るがせている繊維がある、帝人フロンティアが開発しデサントが使用するソロテックス(SOLOTEX®)だ。

サッカー界でユニフォームと言えばかつてはマラドーナよろしくぴちぴちのパンツにお国柄を表すようなシャツが普通であった。

そこにスポーツならではの要素、メッシュや二重構造といった要素が入って現代まで進化を続けている。その中にはカメルーン代表の「引っ張られると破れる」ユニフォームをはじめ、数々のトライ&エラーが行われてきた。そこに革命的に売れに売れている繊維が登場した、ソロテックス(SOLOTEX®)である。

まずは、この動画を見て欲しい。

SOLOTEX®は簡単にいえば、「ソフト」で「軽やかに伸び」、いつも「しっかり戻ろう」とする特性をもつ繊維だ。では、サッカー界、スポーツ界でどのような革命的可能性があるのか?デサント担当者に直撃してみた。


ーーSOLOTEX®は、インナー、ユニフォーム、スポーツウェア、アウターなど万能に使える素材ということですが、仮にサッカーのユニフォームで使われるとしたらどんな利点があると想像されますか?

SOLOTEX®を採用している商品はキックバック(形態回復性)が効きやすく動きやすい特徴があるので、激しい動きをするサッカー選手には良いかもしれません。

ユニフォームでの可能性としては、動きを加えても「戻ろう」とする力を発揮するため生地が伸びることよりも、戻ろうとするメリットがあると考えられます。

加えてシワになりにくいという特徴もあるため、型崩れを抑えて美しいシルエットを保つといったことも”見せるスポーツ”としては推せるポイントかと思います。

着用する側からは袖を通した時、身体を動かした時に感じる着心地の面でもストレスを感じにくく、体の動きに優しくフィットする印象を受けるとのお声を頂いたことがあります。

また、ユニフォームではなく練習着(アップ着)での商品展開は考えられると思います。

ーーすでに架空のサッカーチームをモチーフにしたアパレルブランドなどでは採用されていると聞いています。アップ着での商品展開とは具体的にどのような物でしょうか?

ピステというアイテムです。ピステは防風性・撥水性に重きを置いたアイテムなので、これまでほぼ伸びない生地を使ったものが市場では割合が多かったのです。

SOLOTEX®を使うことで、防風性・撥水性を生地としては実現させながら、優れたストレッチ性によってタイトシルエットだが動きやすくて防風性・撥水性も実現できるようなピステを開発できると考えています。


ーーSOLOTEX®を採用しているアイテムの中から売れ筋、人気商品を教えてください。

SOLOTEX®を採用しているデサントブランドの中では、トレーニング時のジャケットとパンツが好評です。

2019年秋冬モデルは「ACTIVESUiTS」という商品がよく売れました。これからの季節は「エアリートランスファー」がおすすめです。

デサント「エアリートランスファーフルジップパーカー」

ーーかつて帝人フロンティアさんは「DELTA(デルタ)」という素材をヒットさせました。DELTAはサッカーでもおなじみのブランドが多く採用しています。SOLOTEX®はそれにかわるのでしょうか?

それにかわるといいますか、DELTAの良いところは柔らかさ(風合い)、ソロテックスの一番良いところはストレッチ性だと思っています。生地によってはこの2つを組み合わせたファブリックの開発も進めています。

ーーSOLOTEX®はビジネスウェアからインナーまで使われていることで逆にすごさがわかりづらくなってるような気もします。メインは何なのでしょうか?

メインはアウターとパンツです。

スポーツに求められるストレッチ性が、紳士服、スーツの業界、セレクトファッションの業界、そういったところでも求められるようになるなど、消費者のニーズが少し変化してきていると感じます。

その部分で、SOLOTEX®が最近になってフォーカスされたのではないでしょうか。帝人さんが、そういうセレクトショップとのセットアップのアイテムとかで、「ソロテックス(SOLOTEX®)を使っています」という下げ札を付けられたり、そういうブランディングも効いていると感じますね。

ーーパリコレのようなラグジュアリーブランドがスポーツファッションと融合したり、カジュアル化、普及があるように思います。そうしたブランドはサステナビリティ、サステナブルといったワードに今取り組みを進めています。SOLOTEX®もエコロジーへの配慮があるといいますが、どんなところでしょうか?

帝人さんが一般の消費者向けに発信されているのが「強度が強い」ことから買い替えが少なくて済むという点です。

従来のスポーツウェアは、基本的にストレッチを出そうとするとポリウレタン(スパンデックス)の繊維を使うものが多かったのですが、それらは「劣化しやすい」「重たい」というウィークポイントがありました。その部分を解消する軽くて、ストレッチ性が効いていて動きやすいところが今までと違うポイントだと思います。

加えて、SOLOTEX®とリサイクルポリエステルをミックスさせた糸(もしくは生地)の開発も帝人さんで行われていると聞いています。糸自体のリサイクルも進化していくのかなと感じています。

ーーありがとうございました。SOLOTEX®の商品が見たい方はデサントの公式オンラインストア特集ページ(下記画像よりどうぞ。

デサントSOLOTEX®搭載 特集ページへ飛ぶ

※SOLOTEX®は帝人フロンティア㈱の登録商標です。