アルゼンチンリーグの試合でなんとも「大物」な選手が目撃されたと話題になっている。

それはアルゼンチンリーグのインデペンディエンテに所属しているパラグアイ代表FWセシリオ・ドミンゲス。

22日に行われたヒムナシア・ラ・プラタ戦で彼は先発出場し、60分間プレー。途中でベンチに下がったあと、こんな場面が撮影されたという。

なんとベンチで横になって寝ている…。

昨年クラブ・アメリカから530万ユーロ(およそ6.4億円)という高額の移籍金でやってきたセシリオ・ドミンゲスであるが、ここまで20試合で2ゴールと低迷。

ファンからも批判を受けている中でこの行為が見られたということで、さらなる抗議を受けてしまっているようだ。