アストン・ヴィラを0-2で下してカラバオカップ3連覇を達成したマンチェスター・シティ。

「Man of the Match」に選ばれたのは、19歳の天才レフティ、フィル・フォデンだった。

右サイドで先発した彼はセルヒオ・アグエロの先制点を演出。さらに、こんな超絶トラップも話題になっている(以下動画2分43秒~)。

まさにビタ止め!ランニングしながら落下点に入ると、完璧なボールコントロールを見せた。

これまでもフォデンを絶賛してきたジョゼップ・グアルディオラ監督は「彼のパフォーマンスが嬉しい。いい時期と悪い時期における態度もね。プレシーズンにルロイ・サネが怪我をした時、移籍市場で補強しなければいけないかもしれないという人間がいた。でも、私はこう言った。『いらない。フィルは中央でもサイドでもプレーできるからだ』とね」と讃えていた。